コンベヤスケール(製造販売終了いたしました)

特徴

当社のコンベヤスケールは、1955年に販売を開始以来、幅広く産業各界のお役に立ちながら、3000台を越す実績と技術を積み重ね今日に至ります。今回、『コンパクトで操作性の良い積算指示装置』を開発コンセプトとし、屋外壁掛型の積算指示装置NW-400型、および計装パネルマウントのNW-440型を開発し、操作性の向上とコンパクト化を実現いたしました。

  1. 荷重検出装置は、コンベヤ内組み込みで据付容易な下置きタイプと、保守、点検が容易な上置きタイプを用意し、プラント内の最適設置が可能です。
  2. 荷重検出装置には、操作が容易なスパン調節用基準校正重錘(分銅)を内蔵しております。
  3. 積算指示装置には、高速演算CPUを搭載し、高性能・高精度を実現。
  4. 荷重検出装置には、ロードセルを採用し、高直線性を実現。

仕様

ページトップ